不用品回収を依頼してハッピーリサイクル│買取コンシェルジュ

ビデオカメラ

プロに依頼しよう

買取は専門業者に依頼

作業員

何かをコレクションするというのは広く一般化した趣味ですが、中には興味のない人にはまったく価値が分からないといったジャンルもあります。その代表格ともいえるのが茶道具です。 茶の湯には侘び・寂び・不調和など特異な美意識に根差した独自の価値観があります。そして茶道具もまたそれを反映しています。そのため、全く飾りのない簡素なものやいびつなもの、傷のあるものなど、門外漢にはその価値が良く理解できない道具を愛でる傾向があります。骨董商などを通じて取引される茶道具の値段も、当然そういった価値観に基づいて決められています。 ですから、もし手元に茶道具があって手放したいと考えていたとしても、普通のリサイクルショップなどではその価値を正しく理解したうえで買取をしてくれるのは望み薄です。

専門業者のみが相場を知る

専門業者の買取が信頼できるのはもちろん彼ら自身が高い鑑賞眼を持っていることが期待できるからですが、それともう1つ、商売上彼らも売る側に回るからです。オークションに参加したり、茶道を教える家に出入りするなどして、どんな道具がどの程度需要があるかを熟知しているからこそ、正当な価格で買取ができるのです。 茶道具には道具自体の相場などあってないようなものです。それまで二束三文で扱われていた名もない道具がたまたま高名な師匠の目に留まり、気に入られたというだけで価格が数十倍になったなどというエピソードも珍しくはありません。そのため、そうした情報を素早く仕入れることのできる専門業者の存在こそが、相場を作り上げているとも言えるのです。